チェンソーマン  64話 ネタバレ感想到着

チェンソーマン

タイトル:ウェルカムトゥーザヘル

地獄のシーン。地獄内でとりあえず全員集合している。

デンジは血が足りなくて完全なチェンソー状態にならない。

クァンシと対峙するアキだが、魔神の様子がおかしいから休戦だと言われる。

暴力さんが気持ち悪そうにしている。

天使いわく、おわりだと。

クァンシはロンとかに逃げる方法聞くが、ロンとピンツイも具合悪そう。やばい悪魔にみられている感覚があると言っている。

「このずっと先に、銃の悪魔よりやばい根源的恐怖の名前をもつ悪魔が見ている」と。死を経験していない悪魔らしく、私らが敵意向けたら瞬殺されると。

で、闇の悪魔登場。

液体みたいに落ちてきたと思いきや、宇宙服がならぶ描写。ブリーチのきんしゃらぶとうだんみたいな。

で、みんな一瞬で手が切り取られる?

闇の悪魔の前に跪き、人形の悪魔が「契約通りチェンソーの心臓を持ってきたよ」と。だから、マキマを殺せる力くださいと闇の悪魔に頼む。

サンタのシーン(回想)になる。「3人は契約に使う、1人は趣味だ」とサンタが言いい、用意する旨が返答される。手紙が落ちていることに気がつくサンタ。

回想が終わり、人の上に座っていたトーリカの師匠のシーン。闇の悪魔の肉片を飲み込んだところで、今週終わり!


コメント