5月18日発売分 呪術廻戦 106話 ネタバレ感想到着

呪術廻戦

タイトル:渋谷事変24

突如、兄の脳内に存在しない記憶が溢れ出すシーンから始まる。
(主人公は倒れている描写がある)

弟たちとピクニックしている記憶に、混乱し、錯乱しながら地下をフラフラ歩いていく兄。

一方、倒れている主人公を見つけた菜々子。

シーンは渋谷駅のアベニュー口。

七海たちの会話。五条が封印されたことに驚きつつも、偽物の夏油が絡んでいる点に怪しさを感じる推理をしている。
呪霊を見つけ、七海が出ようとするも、ナオビトが先に絵に封じ込めぶん殴る。

七海も真希も、攻撃が見えなかった様子。術式にしては早すぎると驚く。

ぶん殴られた呪霊だが、ナオビト曰くまだ呪胎だったそう。呪霊は怒ったことで第二形態に変化し、ナオビトと対峙する。

今週ここで終わり。

翌週は木曜にアップできるよう頑張ります。ブックマークして、毎週記事があがるのをお待ち頂けたら幸いです。

スポンサーリンク
呪術廻戦
めんぼの漫画ネタバレ感想

コメント