6月8日発売分 onepiece ワンピース「参戦」【助っ人到着だよい】981話 ネタバレ感想到着

one piece ワンピース

タイトル:参戦

キッドがアプーに攻撃したシーンから。アプーはまだ生きている。

キッドが暴れたことで、クイーンが「兎丼は異常なしじゃなかったのか」と驚く。

アプーがキッドにシャーンする。キッドはすぐ立て直すが、キラーから「ここを離れよう」と提案される。

そこに、ナンバーズの「八茶」が現れる。見た目は、サングラスにマッシュルームカットの、大きい人間。

八茶は、金棒で味方をぶっ叩いてしまう。自分を制御できていない模様。ちなみに、巨人族より大きい。

ルフィ、ゾロ、キッド、キラーで城へ進むことにする。アプーの攻撃が再度届くが、耳を塞いだことで攻撃を回避する。

キラー曰く、アプーの攻撃範囲は音が聞こえる範囲だから、聞こえなきゃ大丈夫とのこと。

ルフィたちの様子を上の階から眺めているフーズウー。ルフィたちを追うより、ヤマトを探すことを優先する。ササキに先を越されたくない模様。

一方、ビックマムの描写。港に船が着かないと報告を受けているビックマム。しかし、「港ってなんだい」と、再度記憶を失った様子。

すぐに場面転換し、きんえもんたち。騒がしくしていると、建物からビックマムが出てくる。

見つからないよう、一斉に水に飛び込んで隠れたキンエモンたちだが、チョッパーのみ見つかってしまう。すぐに場面転換。

マムの船で滝を登るペロスペローたち。鬼ヶ島を目指しているのは、WCIに残っていたカタクリたちではなく、もともと滝から落とされたペロスペローや、ダイフク、スムージーたち

日にちが経過しているので、ペロスペローたちは既に鬼ヶ島に到着していて、カタクリたちが合流するもんだと思っていましたが、そうではない模様。この数日、誰も迎えに行かなかったんですかね。。

「麦わらぶっ倒そうぜ」と息巻くペロスペローたち。

しかし、以前キングに落とされたタイミングと同じように、空から誰か来て怯む一同。

今回空から登場したのは、マルコだよい。「退場してくれ」とマムの船をけり落とす

「またかよ」と慌てるスムージーたち。

マルコ「また(ペロスペローたちが)来る頃には、時代が少し動いているよい」

落ちていくマムの船とすれ違う、船がある。ネコマムシと、イゾウの描写。

イゾウ「マルコだ。あの戦争以来だな」

上記は、白ひげと海軍の戦いではなく、黒ひげとの落とし前戦争を指しているんじゃないかな。

今週ここで終わり。来週も掲載するっぽいです!

ブックマークして頂き、毎週チェックしてもらえると幸いです。

コメント