6月8日発売分 呪術廻戦【伏黒さすが!】 109話 ネタバレ感想到着

呪術廻戦

タイトル:渋谷事変27

マキがあの武器を手に持ち、距離を詰める。

呪霊「私の領域に侵入するとは 愚かな」

マキの攻撃が一方的に通る。

呪霊「領域内での必中効果が消えている」

伏黒が、領域を展開している描写。

呪霊「あの少年(伏黒)の領域と私の領域が綱引きしている状態になっている。改めて必中効果を得るには、あいつをまず潰さないと!」

遠距離攻撃が、伏黒に迫る。それを叩き落とす七海。

七海「二人は?」

伏黒「猪野さんはリタイア、いたどりは別行動」

七海「君は私が守るから、領域に集中していてね!」

片手を失ったナオビトと、マキが呪霊に攻撃をし続ける。ナオビトたちが優勢のよう。

七海「この状況が続けば勝機はある。しかし、伏黒くんはもう限界だ」

伏黒「俺とあのタコは、今領域の押し合いをしている。
   けど俺の狙いは違う。やつの結界に穴をあけたいんだ」

伏黒「1日に何回も領域展開なんて普通はできないはずだから、全員で穴から領域の外に出ればかてるんやで!」

伏黒「俺の足元に穴をあける。いつでもいけるで! 三人同時に、飛び込んでくださいいい!」

それを聞いた七海は、ナオビトとマキに「集合!」と叫ぶ。それで意図は伝わった模様。

しかし呪霊も、伏黒の意図に気がつき、追ってくる。

次々と穴に飛び込み、いまからナオビトが入ろうとしている。

ここで、今週おわり!

来週も、金曜11時までにネタバレ感想をアップします!

スポンサーリンク
呪術廻戦
めんぼの漫画ネタバレ感想

コメント