6月15日発売分 チェンソーマン【各国の戦争編か?】73話 ネタバレ感想到着

チェンソーマン

タイトル:日常の終わりに

マキマに呼び出されるアキ、デンジ、パワー。

マキマ「要望通り、討伐戦に4課は不参加で良いよ」

マキマ「けど、デンジとパワーには参加してもらうぜ」

デンジは承諾する。「俺には俺の考えがあるんだ」

パワーも、デンジがいくなら行くと言う。怖がっている様子はない。

それを聞いて、アキも参加を表明する。

マキマから作戦の概要が伝えられる。

マキマ「現在、銃の悪魔は既に倒され拘束されているの

それを聞いて一同、驚く。

ソ連が初めて視認した銃の悪魔は、何者かにやられて既に意識がなかったらしい。
銃の悪魔の本体はアメリカが20%、ソ連が28%、中国が11%、その他の国が4%を所持している。
残り37%は、世界中の悪魔が肉片として持っている。

アキ「姫野や黒瀬を殺した銃は・・・??」

マキマ「それは人間が作ったものだね」

アキ「どの国でも、銃の製造は厳しく取り締まっているはずでは・・・」

マキマ「表向きはね。実際は、どの国も裏で作ったものを横流ししている。
    その銃は都合が悪いから、手に入れた人は銃の悪魔と契約したって嘘言っている」

アキは陰謀論だああとショックを受ける。

アキ「じゃあ、銃の悪魔を倒しにいくってのは・・・」

マキマ「戦争のようなものになるだろうね」

!!???

アキ、デンジ、パワーが休憩しているシーンに移る。

討伐戦についてよく理解していないデンジ。銃の悪魔は倒せなくて、あくまで奪いにいく感じだとアキが再度説明するが、デンジは疑う。

「だって俺はマキマさんと約束したんだ、銃の悪魔を”倒せたら”願いを叶えてくれるって」

悲しいですねw

アキは、ふと未来を見る。

アキは未来の悪魔と会話する。

俺に見せた未来はなんだと尋ねるアキ

悪魔「キミとパワーは、デンジに殺される。その後に、悪魔にもっとも恐れられる悪魔が現れる」

!!!!

今週はここで終わり。

来週は、金曜午前11時までにアップします

コメント