6月22日発売分 チェンソーマン【マキマついに!】74話 ネタバレ感想到着

チェンソーマン

タイトル:波の言う事

シーンは病院。ベットで横になっている天使と、アキの会話から始まる。

自分がみた未来を天使に相談しているアキ。

天使「キミと血の魔神は、チェンソーに殺される。。。未来は変えられない・・・」

天使「そんで、なんだっていうんだってばよ。手がないから僕は止められないよ」

アキは、天使のその後を心配して病院まで来たらしい。

両腕がなくなったデビルハンターは退職させられるが、天使は悪魔だから最悪処分されるらしい。アキは、岸辺の推薦状を持ってきていた。それをダメ元で見せれば、キツネや未来の悪魔のように、生きながらえることができるかもしれないらしい。

最後に、天使からアキに「一緒にマキマに相談にいってみよう」と提案をする。

マキマなら、死を回避する方法を知っているかもしれないと考えている。

シーン代わり、海。マキマは、誰かを待っている様子(アキを待っていたわけではない)。

そこに、アキと天使が到着。

アキ「デンジとパワーだけは生きて幸せになってほしい。どんな悪魔とでも契約するから、力を貸してくれないか」

するとマキマは、私と契約しようと持ちかける。

マキマ「早川君の全てをくれるなら、私が力をあげる」

マキマ「これは、命令です」

とても怖い表情のマキマ。

天使は、なぜか忘れていたマキマとの過去を思い出す。

回想シーン。まだ公安に所属していない頃の天使。天使は海の家的なところで暮らしている。好きな人もいた。
そこに、マキマが突然くる。能力を見せてというマキマだが、人を殺しちゃうから嫌だと断る天使。しかし突然、あたりが暗くなる。不思議がる天使。
すると天使は、好きな人たちを能力で殺しちゃっていた。

その過去を突然思い出せた天使。

「契約する」と言うアキに、テンパる表情の天使。

今週ここで終わり。

来週は、金曜午前11時までにアップします

コメント