8月24日発売分 呪術廻戦【じゃんけん!!】 118話 ネタバレ感想到着

呪術廻戦

タイトル:渋谷事変36

式神とスクナの戦闘シーン。

式神の攻撃を片手で止めるスクナだが、すこし出血してしまう。

それでも、スクナが攻撃に転じると、簡単に膝をつく式神。

この式神の刃は、対呪霊に特化した対魔の剣というものらしい。正のエネルギーをまとっているから、スクナがもし呪霊だったら一発で消し飛んでいた、らしい。

膝をついた式神だが、すぐに傷がなおる。そして、次の式神の攻撃で、スクナは数百メートル吹っ飛ばされる。吹っ飛ばされるスクナだが、楽しんでいるようでダメージは受けていない。

スクナが攻撃仕返すが、すぐにまた立ち上がる式神。

どうやら、八岐大蛇の性質に近いものらしい。
式神の二撃目は、一撃目とは違い、呪力がこめられていたらしい。もっというと、スクナの斬撃も、式神は読み切ってきている。

分析するに、この式神の能力は、
「あらゆる事象への適応! 最強の後出し虫拳」

あのときの俺なら、負けていたかも、と考えるスクナ。あのときとは、伏黒のとき。

スクナは、笑いながら領域展開をする。

「伏魔御厨子」(ふくまみづし)

今週、ここで終わり。

来週は金曜11時までにアップします。

スポンサーリンク
呪術廻戦
めんぼの漫画ネタバレ感想

コメント