9月14日発売分 呪術廻戦【肉弾戦か】 121話 ネタバレ感想到着

呪術廻戦

タイトル:渋谷事変

場面は真人と主人公の戦闘。

多重魂という技を放つ真人。

二つ以上の魂を融合し、その拒絶反応を利用して魂の質量を高め、相手に向け放つ。
拒絶反応が起こることと、質量が高まることへの関係性に、解説がほしいいい。

しかし、簡単に止める主人公。

しかし、多重魂の中から急に現れる真人。主人公を殴る。

再度、構える二人。呪力強化で最強強度にして主人公の心臓をぶち抜いてやろうと考える真人。

真人がいざ攻撃すると、主人公が視界から消える。

主人公は、古武術で真人の足元へ移動。卍蹴りをくらわせる。

それでも致命傷にならず、「ラウンド2だ」と言う真人。

今週ここで終わり。

次回は、祝日があるので、早めの木曜にアップします。

スポンサーリンク
呪術廻戦
めんぼの漫画ネタバレ感想

コメント

  1. おったおた より:

    虎杖は、魂を知覚してんだろうな