10月12日発売分 呪術廻戦【のばらの話】 125話 ネタバレ感想到着

呪術廻戦

タイトル:あの子の話

のばらと、友達(ふみ)の小学生時代。

2人でよく遊びにいっていた沙織という女性がいる。ある日から、沙織の家には悪口が落書きされるようになる。

だから沙織は引っ越して、のばらが泣く。

野薔薇が東京の高校に通うことが決まり、次に会うときは”3人で”と友人(ふみ)と約束して旅立つ。

回想終わり。

場面は、どこかの編集社で働いている沙織。

仕事が忙しく、深夜だが働いている。そこで、野薔薇のことを思い出して同僚に話す。

今の普通の私をみたら、ガッカリされるだろうなと呟く沙織。



場面代わり野薔薇。

「悪くなかった」とみんなに伝えてくれ、とイタドリに伝言を頼む。

その瞬間、顔が弾け飛ぶ野薔薇。

今週ここで終わり。

来週も、金曜11時までにアップします。

スポンサーリンク
呪術廻戦
めんぼの漫画ネタバレ感想

コメント