10月19日発売分 呪術廻戦【まーた助っ人】 126話 ネタバレ感想到着

呪術廻戦

タイトル:渋谷事変

場面は、主人公の回想から。

かつて釘崎や、伏黒、主人公たちは仲がよく、キャッキャしていた描写。

場面は現在に戻る。顔が半壊した釘崎を見て、主人公の心が壊れてしまう。

真人は、ここぞとばかりに主人公を殴る蹴る。とてもいい笑顔で、悪口も止まらない。

さあ、主人公にトドメを刺そうというところで、主人公の体が瞬間移動するように描写。助っ人が登場。

東堂が主人公を助けたのだ。

今週ここで終わり。来週も、金曜11時に!!

スポンサーリンク
呪術廻戦
めんぼの漫画ネタバレ感想

コメント