11月2日発売分 onepiece ワンピース「またの名はヤマト」994話 ネタバレ感想到着

one piece ワンピース

タイトル:またの名はヤマト

扉絵は、「祝砲に揺られて幸せの船はゆく」で、海軍から砲撃を受けながら逃げていくベッチたち。二つの海賊団が合併したとかは情報なしで、これが最終話。

腕を切り落とされた菊。キンエモンが燃える剣で傷口を焼いて処置。

菊はまだ戦える様子。

カイドウはというと「白ひげはよくやった、死は人の完成だ!」といいながら人の姿に戻る。

「終わろうか」と赤鞘に向かって言ったので、もうすぐここの戦いは終結か。

場面変わってルフィサンジンベエ。

キリンの真打と、ニワトリの真打が登場。キリンを背中から生やす、というかキリンの頭部分が体込みの人間という出で立ち。

サンジとジンベエで一発KO。

場面変わって氷鬼。

大マサの親分も感染して一大事。

ロビン、ブルック、チョッパーも同フロアにいる。チョッパーは、抗体を奪えたら大量に増やせるのに、と言う。

氷鬼に感染した敵は、切っても切っても立ち上がってくるから、ゾロも苦戦している。

一方アプーは、クイーンから唯一の抗体を預けられてしまう。
そしてクイーンは、「アプーから抗体を奪ってみろ」的なことをフロア中にアナウンスする。全員から追いかけ回されるアプー。

チョッパーから、「それを奪ってくれ」と言われるゾロも追いかけっこに参加。

しばらくはこの追いかけっこが続きそう。。。。いいからマッチアップを早く始めて欲しい。。。。というか、アプーはキッドに倒されておいてほしかった。。。

場面変わってヤマト。

モモはもちろん、しのぶも助けると宣言する。

そして、金棒をブンと素振りするヤマト。すると、離れた位置の的に衝撃波が当たる。

ヤマトの格好良い立ち姿が描写され、今週ここで終わり。。。

そして次週は休載です。。。。

コメント